広告 ライフスタイル

人生の軸を考えてみた

※本記事は自分の思考を整理するために書きました。

こんにちは、まさです。

最近どう生きるか悩んでます。

「人を雇って事業を拡大するのがいいのか?人を雇わずに年収数億円を目指すか?」

「情報発信だけをやり続けるか?別のビジネスもやるか?」

「結婚するのか?いつ結婚するのか?子供は何人作るのか?」

「仕事と遊びの時間配分は?」

頭の中がごちゃごちゃです。

人生の軸を決めておきたいと思います。

今私は34歳です。男性の平均寿命は81歳と言われています。死ぬまで残り47年。

幸せな人生、後悔のない人生にしたい。

人生の軸を考えてみた

ストレス最小化

ストレスをゼロにしたい。人間関係、家事、病気、多忙、お金の不安などのストレスを最小化する。

特に人間関係でストレスを感じたくない。ストレスの90%は人間関係。苦手な人とは関わらない。好きな人とだけ関わる。

ストレスを最小化した上で快楽を最大化する。

人は雇わない。マネジメントはストレスがたまる。従業員の生活を守る必要が出てくる。社員がいる手前、毎日出社しないといけない。個人ベースで事業をするのがベスト。

・コミュニティには所属しない

情報発信を生涯やり続ける

生涯、情報発信をし続ける。

FIRE、結婚、夫婦関係、子育て、子供の受験、介護、老後などライフイベントをコンテンツ化する。ビジネスや遊びなどをコンテンツ化する。

情報発信を通して大勢の人に影響を与える。リストを5万人、10万人と増やしていく。

また、情報発信を通して気が合う友達を作る。

若いうちにしかできないことを優先する

歳をとると体力、気力がなくなる。若いうちにしかできないことを優先する。

【若いうちにしたほうがいいこと】
・女遊び:性欲は年々衰える。歳をとると若い子にモテなくなる
・スポーツ
・親孝行:親が元気なうちに旅行に連れていったり仕送りをしたほうがいい
・グルメ:歳をとると脂っこいものを食べられなくなる
・結婚
・子作り
・海外風俗巡り

【年を取ってからやればいいこと】
・将棋
・囲碁
・盆栽
・美術鑑賞
・音楽鑑賞
・楽器演奏(ピアノ、ギター)
・演劇鑑賞
・映画
・園芸
・カラオケ
・カメラ
・スポーツ観戦
・登山

家族、友達を大切にする

身近な人を大切にする。時間やお金を使う。

・月1回広島に帰省する。

面白そうなことを片っ端からやる

面白そうなことを探す。「やりたいことリスト」にストックする。片っ端から消化していく。

例)一人旅、ボルダリング、料理

ガツガツ生きたい。ありとあらゆる欲求を満たす。煩悩にまみれた人生にする。

幼稚園児理論。幼稚園児のように振る舞う。仕事したいと思ったら仕事する。遊びたいと思ったら遊ぶ。面白いことに飛びつく。

毎日10%新しいことをする

24時間のうち、10%は新しいこと、まだやったことがないことをする。日々をマンネリ化させない。

物ではなく体験にお金を使う

物に興味を持たない。家、ブランド品、服、腕時計など。食事や旅行など体験にお金を使う。ミニマリストとして生きる。

自分軸で生きる

他人からどう見られるか?は気にしない。自分が生きたいように生きる。

健康

基本的には健康を意識した生活をする。たまにラーメン、ハンバーガー、お酒、お菓子、アイスを食べる。

いろんな生き方を知る

本、YouTube、人と会うなどでいろんな生き方を知る。自分の生き方に取り入れる。

人生は暇つぶし

人生は死ぬまでの暇つぶし。気負わずに生きる。

ヒマを防ぐ

毎日忙しく過ごす。ヒマになったら鬱っぽくなる。寝るときに「今日充実してたなー」と思えたらOK。忙しくて疲れてきたら休む。

仕事とプライベートの配分は?

年収1億円を自動化するまでは仕事8割、プライベート2割でやる。1億円自動化したらプライベート(遊び)の割合を増やす。

自分を使い切らなくていいのか?

「自分を使い切らなくていいのか?人をたくさん雇って年商をガンガン上げていかなくていいのか?世界に大きなインパクトを与える仕事をしなくていいのか?」

→自分を使い切らなくていい。身近な人を幸せにできればそれでいい。朝から晩まで仕事したり人間関係で悩むのはイヤ。遊びまくって人生を終えていい。

人生をかけて成し遂げたいことは?人生の目標は?

ない。その時々で面白いと思ったことをやるのみ。

社会的成功はいらない。地位、名声とか。自分の名前が歴史に残らなくていい。

無料のメルマガを配信中です。

メルマガでは次のテーマで発信する予定です。ぜひ登録しておいてください。

副業、脱サラ、ネットビジネス、マインド、成功法則など。

登録者限定で次のプレゼントをお渡しします(現在作成中)。

  • 「ネット副業の教科書」
  • 「平凡なサラリーマンが月収200万円を達成するまでの物語」
アバター画像

まさ

-ライフスタイル